不倫・復縁・恋愛などでお悩みの方!当たる電話占いと評判の『電話占いFeel』なら人に言えない悩みも、実力派の占い師に気軽にお話できます。

当たる電話占いと評判の電話占いFeel|実力派の占い師に気軽に相談

サポート

お困りの際はお電話ください

0120-852-352

受付時間:am9:00〜am5:00 (年中無休)

\初回全員特典!10周年特別記念/

初回最大9,000円分無料!! ≫

メンヘラとは?性格や行動の特徴、原因から改善方法まで徹底解説!

メンヘラとは?性格や行動の特徴、原因から改善方法まで徹底解説!

「よくメンヘラと言われるけど、どういう意味?」このようにお悩みではないでしょうか?

たしかに、メンヘラと聞いても実際どういう人のことを指すのか分かりませんよね。

そこでこの記事では、『行列のできる電話占いフィール編集部のM子』がメンヘラの意味や特徴を解説します。

また、メンヘラになってしまう原因や改善方法も紹介していますので、メンヘラについてのお悩みや疑問を改善したい方はぜひ最後までご覧ください。

スピリチュアルな力で占って欲しい方におすすめ!

電話占いFeelでは、初回限定で最大9,000円分無料で電話相談ができます。

また、豊富な経験からあなたの未来を占ってくれる、実力派の占い師が在籍していますよ。

この記事の目次

メンヘラ診断であなたのメンヘラ度をチェック!

まずは、メンヘラ度をチェックしてみましょう。

メンヘラとは?意味や語源を解説

メンヘラのイメージ

メンヘラという言葉を耳にしたことがあっても、その具体的な意味や用法は詳しく知らないという人は珍しくありません。

そこでまずは、メンヘラの意味や語源について解説していきます。

メンヘラは心に何らかの問題を抱えている人のこと

メンヘラとは、一般的に「心に何らかの問題がある人」を表す俗語です。

「感情の浮き沈みが激しい人」や「精神的に不安定な人」、「心に闇を抱えている人」など、主に精神的な問題を抱えている人を表すために使われることが多い言葉です。

昨今ではメンヘラの意味が広がっており、必要以上に人に構って欲しがる「かまってちゃん」など、一定の性格や特徴を持つ人に対して使われることもあります。

ただし、「メンヘラ」=〇〇といった定義があるわけではありません。

そのため、人によってもその意味が異なることもあり、使用する際には注意が必要です。

メンヘラはネットが発祥の言葉

メンヘラという単語は2010年ごろからインターネットで流行しはじめました。

もともとは匿名掲示板2ちゃんねる(メンタルヘルス板)で使われていたネットスラングで、心の健康を意味する「メンタルヘルス」が由来です。

はじめにメンタルヘルスを略した「メンヘル」が「メンヘラー(心を病んでいる人)」へと派生し、これが広まるうちに現在の「メンヘラ」という呼び方に変化していったようです。

当初は掲示板で精神的な悩みや問題を語り合う人々を表すための用語でしたが、現在では性別や年齢関係なく日常的に使われるようなメジャーな言葉になりました。

メンヘラの特徴7選

メンヘラのイメージ

メンヘラと呼ばれる人には、その思考や行動に共通する特徴があります。

具体的にどういう人なのか、今回はメンヘラに特に多い特徴7選を紹介します。

自分や周りの人がメンヘラであるか確認したい人は、まず以下の特徴に当てはまっているかどうか確認してみましょう。

メンヘラの特徴7選
  • ネガティブ思考で悲観的になりやすい
  • 人や物事に依存する
  • 自己肯定感が低く、自分に自信を持てない
  • 恋人や友人を束縛する
  • 大げさに話を盛る
  • 情緒が不安定になりやすい
  • 極度の寂しがり屋である

それではそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

メンヘラの特徴その1:ネガティブ思考で悲観的になりやすい

メンヘラな人は基本的にマイナス思考で、物事を前向きに捉えることができません。

たとえば何事に対しても「どうせ自分なんて」とか「上手くいくはずがない」といった自己否定や消極的な発言が目立ちます。

自分に自信がないために行動する前からリスクや失敗を想定して不安に駆られてしまうのです。

恋愛面ではとくにその傾向が強く、相手のなんてことない一言で「嫌われたのかも」、「浮気されているのかも」と過剰に落ち込んだり、被害妄想に囚われてしまうことがあります。

このようになにかとネガティブな方向に捉え、些細なことも深く考えすぎて悲観的になってしまうのはメンヘラに多い特徴です。

メンヘラの特徴その2:人や物事に依存する

メンヘラな人は、不安や満たされない心を埋めるために、人や物事に依存してしまいがちなところがあります。

その対象は周囲の人間や恋愛、趣味(SNS、芸能人、ホストクラブ)や特定の物(アルコール、タバコ、薬)などさまざまです。

たとえば友人や恋人への連絡頻度が異常に多かったり、少しでも返信が遅いと不安になって連絡を繰り返したり、相手にとって負担になる行為をしてしまう人はメンヘラの傾向が強いでしょう。

依存対象にのめり込んだ結果、驚くほど時間や大金をつぎこんでしまうこともめずらしくありません。

そして依存の対象から拒否されたり、上手く依存できないと一気に精神が不安定になってしまうのもメンヘラの特徴です。

メンヘラの特徴その3:自己肯定感が低く、自分に自信を持てない

メンヘラな人は、ありのままの自分の存在や価値を認める感覚「自己肯定感」が低い傾向にあります。

自己肯定感が低い人は、自分自身に対する評価も低いので、何をするにも自信が持てないという特徴があります。

こうした原因には、過去のトラウマ、コンプレックスなど自尊心が傷つけられるような辛い経験、失敗が積み重なっている場合が多いようです。

周りと自分を比較しては「自分はダメな人間だ」、「価値がない」と劣等感に苛まれ、人から褒められても素直に受けいれることができません。

そのため恋愛関係に発展しても、「こんな自分を好きでいてくれるはずがない」、「自分みたいな人間嫌いになるはずだ」とネガティブな思考に陥ってしまいます。

メンヘラの特徴その4:恋人や友人を束縛する

友人や恋人など親しい相手を束縛しがちなのもメンヘラの特徴の1つです。

メンヘラな人は常に心に不安や寂しさを抱えているため、親しい相手に対してずっと一緒にいてほしい、自分との時間を最優先してほしいという欲求が強くなってしまう傾向があります。

そのため相手のスケジュールを細かく把握したがったり、行動制限やコントロールしようとするなど束縛的な行為をしてしまうのです。

またメンヘラは自分に自信がないために、友人や恋人をほかの相手にとられてしまうのではないかという不安や焦りが束縛行為につながってしまうことも多いようです。

メンヘラの特徴その5:大げさに話を盛る

メンヘラな人はとにかく話を大げさに盛ってしまいがちです。

精神的に弱く寂しがりなメンヘラは、誰かに注目されたい、反応してほしいという承認欲求が強いのです。

周りからの関心を集めるために、話を実際よりも誇張したり、ときに嘘や作り話までしてしまうこともあります。

しかしそうした行為は「かまってほしい欲求」からくるため、本人にとっては悪気も罪悪感もありません。

ときには自分が嘘をついている自覚すらないこともあり、周囲からは虚言癖のある人だとして嫌われてしまう原因にもなるでしょう。

メンヘラの特徴その6:情緒が不安定になりやすい

気分の波が激しく、様子が変わりやすいこともメンヘラあるあるの1つです。

メンヘラな人はふとしたことがきっかけで、喜怒哀楽の激しい感情が溢れ出してしまうことがあります。

さっきまで楽しそうに笑って話していたと思えば、突然泣いたり怒ったり、急激に感情が変化して周囲を困惑させることもあるでしょう。

また、考えるよりも気持ちが先に出てしまい、極端な行動に出てしまうこともあります。

そのときどきで態度や言動が変わるため、周りからは「地雷がどこにあるかわからず怖い」と思われてしまうことも多いでしょう。

メンヘラの特徴その7:極度の寂しがり屋である

メンヘラと言われる人はとにかく寂しがり屋であり、ひとりで過ごす時間や放置されることが苦手です。

寂しさを埋めるために、友人や恋人などいつも誰かと一緒にいたがったり、連絡をとって人と繋がっていようとします。

特に気持ちが不安定なときや落ち込んでいる状態のときにはそうした気持ちが強くなり、相手をしてくれそうな人に激しく甘えて依存してしまう傾向にあります。

また、恋人がいても満足に会ったり構ってもらえない状態が続くと、寂しさから束縛や浮気に走ってしまうこともあるでしょう。

メンヘラになる原因4選

メンヘラのイメージ

世の中にメンヘラになりたくてなる人はいません。

ではなぜ、心を病んでいるメンヘラと呼ばれる人が生まれてしまうのでしょうか?

その原因はいくつもありますが、特に代表的なものは以下が挙げられます。

メンヘラになる原因4選
  • 親からの愛情が不足している
  • 過去に何かしらのトラウマがある
  • 常に人と比べられて育ってきた
  • メンヘラの家族や友人、恋人がいる

それではそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

メンヘラになる原因その1:親からの愛情が不足している

幼少期に親からの愛情が不足している人はメンヘラになりやすい傾向にあります。

メンヘラの人は家庭環境が複雑で、親の愛情を十分に受けられなかったり、愛情を信じられなくなるような環境で成長してしまったケースが非常に多いです。

人格が育成される幼いころに親に愛された記憶が薄かったり、思うように甘えられずに育ってしまうと、満たされない気持ちから、慢性的な愛情不足になってしまいます。

その結果、大人になっても他者に対して病的に愛情を求めて、依存や束縛をするメンヘラ化してしまうのです。

メンヘラになる原因その2:過去に何かしらのトラウマがある

メンヘラを引き起こす要因には、幼少期の虐待、いじめ、恋愛など過去のトラウマが影響している場合も多いです。

過去に親密なパートナーや家族、友人から酷く心を傷つけられた経験があるために、簡単に他人を信用することができず、人との深い関わりに恐れを感じてしまうのです。

またこうしたトラウマが原因で自分に自信を失い、自己肯定感が低下してしまっているために、ネガティブな思考に囚われやすくなってしまいます。

そのため新しい関係でも、過去と同じようなことが起きるのではないかという不安が常につきまとい、恋人や友人の意図や行動を疑ってしまうでしょう。

メンヘラになる原因その3:常に人と比べられて育ってきた

昔からほかの兄弟姉妹や他人と常に比べられてきたことが原因でメンヘラになった人もいます。

このような環境で育った人は自分に自信が持てず、自己肯定感が低い傾向にあります。

また、自分で自分に価値を見いだせず、自分の価値をはかる基準が他人になっています。

そのため大人になっても何事も他人と自分を比べてしまう癖がついているのです。

他人を意識しすぎるあまりに嫉妬心や劣等感といったネガティブな感情に押しつぶされた結果、メンヘラ化してしまいます。

メンヘラになる原因その4:メンヘラの家族や友人、恋人がいる

もともとはメンヘラではなかったのに、周囲の影響でメンヘラになってしまったという人もなかには存在します。

家族や友人、恋人など身近にメンヘラ気質な人がいて、相手の相談に乗ったり、心の闇に寄り添っているうちに自分自身も精神的に不安定になってしまったというパターンです。

このようなタイプは感受性が鋭く、思いやりがあって優しい性格の人が多いようです。

とくに普段からよく人の話を聞いてあげたり、頼まれ事を引き受けることが多い人は、メンヘラになりやすい傾向にあります。

また、人は近くにいる人とは同じような波動や考え方になりやすいため、メンヘラの周りにはメンヘラが集まりやすいと言われることもあるようです。

メンヘラは治る?メンヘラの改善方法6選

メンヘラのイメージ

自分も周りも巻き込み苦しんでしまうメンヘラ。

しかし「メンヘラを改善したい!」と思っても、どうすればよいか方法がわからないとお悩みの方も多いでしょう。

そんな方のために、ここからはどうしたらメンヘラが改善するのか、メンヘラの改善方法6つを紹介します。

メンヘラの改善方法6選
  • 自分で自分を認めてあげる
  • 相手に過度な期待を寄せない
  • 暇な時間を作らない
  • 自己肯定感を下げてしまう行動をやめる
  • SNSから離れてみる
  • 占い師に相談してみる

それではそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

メンヘラの改善方法その1:自分で自分を認めてあげる

まずはメンヘラな自分を自分で認めてあげましょう。

「自分はメンヘラである」と自覚して向き合うことがはじめの一歩になります。

そして自分のどんなところに満足できないのか考えてみましょう。

このとき大事なのは決して自分を否定しないことです。

自分を否定して責めているばかりでは、自己肯定感が下がり続け、自分を追い込んでしまいます。

世の中に完璧な人間はいません。たとえ欠点があっても、「だから自分はダメだ」と考えるのではなく「それが自分なんだ」と受け入れてあげることが大切です。

そしてその上で自分を好きになれるように、趣味や得意なことに挑戦したり、自分磨きをしてみると良いでしょう。

まずは今の自分を大切にしてあげることで、少しずつ自信が持てるようになるかもしれません。

メンヘラの改善方法その2:相手に過度な期待を寄せない

メンヘラを改善するために大切なのは、他者に期待しすぎないことです。

人間関係ではついつい「自分が〇〇したから相手も〇〇してくれるはず」、「もっと〇〇してほしい」と望んでしまうことがあります。

しかし必ずしも相手が自分の思い通りに動いてくれるとは限りません。

たとえどれだけ親密な関係でも、他人の気持ちや状況を完璧に察知することは不可能だからです。

自分を理解してほしいという気持ちは多かれ少なかれ誰にでもあります。

しかしあまり期待をしてしまうと、期待通りに行かなかったときに裏切られたと感じてしまうでしょう。

精神的に安定した関係を築くには、人はそれぞれ価値観が異なることを理解し、相手に過度な期待を寄せないことが大切なのです。

メンヘラの改善方法その3:暇な時間を作らない

メンヘラを改善するためには、暇な時間を作らないことも大切です。

メンヘラな人の気持ちが不安定になってしまう原因のひとつには「考えすぎ」にあります。

あれこれ考えてしまいそうなときには、暇な時間をなくすことで、ネガティブなことを考える時間を強制的に減らすことができます。

頭を使うような作業やゲーム、読書や映画をみるなどなんでも構いません。なにかやるべきことや没頭できるようなことを作りましょう。

また、筋トレやランニングなどの運動はストレス軽減に効果的と言われているのでおすすめです。

身体を動かすことでエンドルフィンやセロトニンといった精神を安定させる脳内物質が作られ、ポジティブな思考で物事を考えやすくなります。

適度な運動をすることで寝付きも良くなり、睡眠の質も上がります。

夜中一人の時間などつい考え込んでしまいそうなときには、気分が落ち込まないように対処しましょう。

メンヘラの改善方法その4:自己肯定感を下げてしまう行動をやめる

メンヘラを改善したいなら、自己肯定感を下げてしまう行動をやめることも重要です。

以下に自己肯定感を下げるNG行動をまとめました。

自己肯定感を下げるNG行動
  • 謙遜しすぎる
  • 先のことばかりを考える
  • 他者の評価が自分の評価だと思い込む
  • なんでも他人のせいにする

それぞれ詳しく見ていきましょう。

自己肯定感を下げるNG行動その1:謙遜しすぎる

誰かに褒められたときに、「自分なんて…」、「大したことありません!」などと自分を否定し、謙遜しすぎてしまうことはやめましょう。

たとえ周りが認めてくれても自分が自分を認めない状況が続いては、自己肯定感は下がり続けてしまいます。

また、褒めてくれた相手に対しても失礼になり、かえって相手の気分を害してしまう可能性が高いです。

誰かに褒められたときにはあまり過度に謙遜せずに、素直に「ありがとうございます」と返すように意識してみましょう。

自己肯定感を下げるNG行動その2:先のことばかりを考える

先のことばかりを考える癖があると、まだこない未来への不安が大きくなってしまい、想像上のネガティブな自分によって自己肯定感が低くなってしまいます。

結果の分からないことをあれこれ考えても時間がもったいありません。

ともかく今のことだけを考えるようにしましょう。

5分後のことでも、今日の昼ごはんのことでも良いので、なるべく今に近い物事について考えたり、今できることに目を向けてみましょう。

自己肯定感を下げるNG行動その3:他者の評価が自分の評価だと思い込む

他者の評価が自分の評価だと思い込んでしまうことで、いつも他者の評価に振り回されることになってしまいます。

その結果、自己評価が低くなってしまうのです。

他者の評価はあくまで参考程度として考え、自分がどう思うかという気持ちを優先させましょう。

簡単に言えば、自己中心的に考えることが必要です。

自分が自分の発言や行動を良いと思えば、それは「良い」ということなのです。

周りの自信満々な人を思い浮かべてみるとわかりやすいのですが、失敗したとしてもこれも経験だと受け流したりしていますよね。

自己中心的に考えるのは難しいかもしれないですが、自分がみている世界は自分の尺度でしかないのです。

思い切って自己中心的に考えてみましょう。

自己肯定感を下げるNG行動その4:なんでも他人のせいにする

なんでも他人のせいにするのは、プライドが高かったり、自分に自信がなかったりすることの裏返しであることが多いです。

自分の過ちを認めると心が折れてしまうので、自分の精神を保つために他人のせいにしてしまうのです。

しかし、なんでも他人のせいにしてしまうと、何事も失敗しないかわりに成功もしません。

すると、自分という存在への自己肯定感はいつまでたっても上がらずじまいです。

自分に自信を持つためには、何事も自分で決定し、その行動に責任を持つ事が重要です。

そうすることではじめて自分の意志を大切にでき、自分自身を尊重し、認めることができるようになります。

メンヘラの改善方法その5:SNSから離れてみる

もしSNSに依存しているタイプのメンヘラならば、一度離れてみることも重要です。

SNSは手軽に他人と繋がることができ、本音や弱音を吐き出しやすい世界なので執着したくなる気持ちもわかります。

しかし、幸せそうな他人の投稿に嫉妬したり、「いいね」などの他人からの反応を気にしたり、なにかと精神をすり減らしやすく、メンタルに非常に影響しやすいものなのです。

自分のメンタルが落ち着いているときは楽しめますが、逆に不安定なときにみるとだんだんとネガティブな気持ちが強くなってしまうでしょう。

メンヘラを改善したいという人はまず一定期間スマホから離れてみましょう。

SNS上の狭い繋がりではなく、リアルな世界に目を向けやすくなるはずです。

メンヘラの改善方法その6:占い師に相談してみる

メンヘラな人にとっては、プロの占い師に相談することも効果的な改善方法のひとつです。

メンタル面を改善や治療する方法として、精神科などのカウンセリングがありますが、メンヘラの人にとって病院にかかるというのはハードルが高く感じることもあると思います。

そのような場合に、電話ひとつで気軽に相談できる電話占いは非常におすすめです。

たとえばメンヘラな人が恋愛したときに過剰に不安になってしまうのは、相手の気持ちが分からず愛情を確認したくなってしまうからです。

そのようなときも、占いであれば好きな相手の気持ちや行動の意味、相手の未来などを鑑定してもらうことができます。

また、占い師は経験が豊富なので、複雑な家庭環境や過去のトラウマといった他人に話してもなかなか解消しきないような根深い問題にも対応してくれます。

メンヘラな人の心にも深く寄り添い、どうすれば不安がなくなるのか、改善する手段を見つけてくれるはずです。

メンヘラとは?性格や行動の特徴、原因から改善方法まで徹底解説!|よくある質問

メンヘラのイメージ

ここからは、メンヘラに関してよくある質問について紹介します。

メンヘラについてよくある質問
  • ファッションメンヘラとは?
  • メンヘラとヤンデレの違いは?
  • メンヘラは治る?

ファッションメンヘラとは?

ファッションメンヘラとは、「自らをメンヘラであるように装っている」自称メンヘラのことです。

厳密には、メンヘラであることを自分を着飾らせたり演出させるためのアクセサリーのように捉え、自己表現や自己アピールのためのツールとして使用している人のことをいいます。

ファッションメンヘラは実際には心身健康ですが、周りの気を引くためにメンヘラのふりをします。

そうすることで手っ取り早く承認欲求を満たすことができるからです。

ファッションメンヘラにとっては、周りからメンヘラにみられることが、自分の個性や一種のステータスのようなものなのです。

本物のメンヘラのなかには実際に重い精神疾患を患っていたり診断を受けている人も多いですが、ファッションメンヘラはあくまでファッションなのでそもそも病院に行くこともありません。

治療をして本気でメンヘラを治したいと思っている人からすると、ファッションメンヘラは嫌悪の対象となる場合が多いようです。

メンヘラとヤンデレの違いは?

メンヘラと近しい言葉にヤンデレがあります。

ヤンデレは「病んでいる」+「デレる」が組み合わさった造語です。

恋人や好きな相手への好意が行きすぎた結果、病的な精神状態になってしまう人のことを指します。

メンヘラもヤンデレもどちらも精神的に不安定な状態の人を表す言葉ですが、相手の「愛し方」や「行動」に違いがあります。

メンヘラは承認欲求が強く、「相手から愛されたい」という気持ちが非常に強いです。

「自分自身の寂しさや欲求を満たすため」に、行動したり他者に依存したりします。

一方でヤンデレは支配欲求が強いので、「相手を愛したい」という思いが非常に強いです。

「相手に対する気持ちや愛情」が行きすぎて、行動が積極的になる傾向にあります。

メンヘラは治る?

残念ながら、これをすればメンヘラが治る!というような治療法はありません。

メンヘラはその人の性格であり、過去の経験や出来事が複雑に積み重なった結果。

いきなり治るものではなく、時間をかけて少しずつ改善されるものです。

メンヘラを改善するためには、少しずつありのままの自分を受け入れ肯定できるようになる必要があります。

そのためには大事なのは、なにかに依存せず、自分を大切に、規則正しい生活習慣を送り、できるだけストレスの少ない日々を送ることです。

自分ひとりでは難しいときは、友人や恋人など周囲の人の協力を仰いだり、占い師に相談したり、精神科や心療内科を受診することもおすすめします。

一気に変化しようとするのではなく、ひとつずつ自分が出来ることから始めることが大切です。

メンヘラとは?性格や行動の特徴や原因、改善方法について解説!|まとめ

メンヘラのイメージ

ここまでメンヘラの性格や行動の特徴や原因、改善方法について解説してきました。

「自分自身がメンヘラかも...」とお悩みの方にとって、この記事が役立てば嬉しいです。

しかし、この記事を読んだとしても解決できないような深い悩みもあると思います。

「メンヘラが原因で振られたけど復縁したい...」

「メンヘラすぎてお付き合いが長く続かない...」

そんなお悩みを持つ方には電話占いがおすすめです。

プロの占い師に占ってもらうことで、開ける未来がきっとありますよ。

今なら初回限定で最大9,000円分鑑定が無料になるので、気になる方はぜひお気軽にご相談ください!

相手が本当に自分のことが好きなのかわからない・相手の本心が知りたいと思いませんか。

電話占いフィールは「怖いほど当たる」と話題の電話占いで、実力派の占い師が多数在籍しています。

実際の口コミ3つをご紹介します。

口コミ
N・Oさん30代

別れた彼と復縁出来るのか、ずっと気になっていたので思い切って相談しました。
彼との今の関係や、別れたきっかけまで驚くほどスラスラと読み解いて下さり、まだ伝えていない些細な悩みまで言い当てられて怖いくらいでした…
的確なアドバイスも有難うございました!来月になったら私から連絡してみようと思います。

M・Mさん30代

やっとR先生の鑑定を受けることができました。
短い時間なのに情報量が多く、とても濃い鑑定をしてくださいました。話し方も穏やかで、緊張することなく話すことができました。人気なのも頷けます。
R先生のアドバイスを胸に、明るい未来のために頑張っていきます。
また道に迷ったときは先生のお力添えをお願いいたしますね。

S・Aさん20代

最初から最後まで、温かなエネルギーに包まれているような感覚でした。これが「レイキ」の力なんですね。
そして霊感タロットでは、私のことだけではなく、彼の性格や特徴まで全て言い当てられて、鳥肌が立ちました…!
親身にアドバイスをくれたことも、本当に嬉しかったです。
明華先生に相談して良かった!

この記事の監修者

スタッフM子

電話占いフィール編集部所属。
電話占い業界に携わって9年のベテランで、タロットや夢占い、霊視など様々な占いに精通している。
電話占いの専門家として弊社コンテンツポリシーに沿って記事を監修。

初回限定で最大9,000円分鑑定が無料になるので、ぜひお気軽に相談してください!

電話占いフィールのおすすめ占い師一覧

すわこ先生

すわこ先生

370円/60秒

利用不可

占術:霊感タロット 霊感霊視 夢占い

鑑定中 2人が順番待ち中

フィールからのメッセージ:
独自の鑑定で、ご縁が近づく「引き寄せ日」を読み解き、優しく伝えてくださるすわこ先生。電話占いでも長くご活躍されているので、お話に慣れていない方でも安心して相談できるでしょう。

プロフィールを見る≫

R先生

R先生

380円/60秒

利用不可

占術:霊感 霊視 霊聴 霊感タロット 水晶透視 ダウジング 易 九星気学 マヤ暦 数秘術 算命学 四柱推命 姓名判断 遠隔ヒーリング 波動修正

鑑定中

フィールからのメッセージ:
霊感・霊視を得意とされているR先生。電話占いが始まった瞬間から霊視を行い、視えたことをそのまま伝えてくれます。さらに、その強い霊力は、遠隔での思念伝達やヒーリングも可能。どんな相談にも向き合い、確実に幸せへと導いてくれます。

プロフィールを見る≫

巫先生

巫先生先生

360円/60秒

利用不可

占術:霊感霊視/ 水晶占い/ 引き寄せ/ 守護霊対話 密教真言のお祓い/龍神恋結び/霊感タロット/ タロット/ オラクルカード 数秘術/ 祈祷/ チャネリング/ オーラリーディング 姓名判断/ 命名/ 改名/ 会社名 ご先祖供養/ パワーストーン/ 開運パワーストーン占い

ただいま待機中

フィールからのメッセージ:
鑑定歴二十年以上となった今でも、決して偉ぶることはなく常にご相談者様に寄り添い、冗談も交えながらテンポよく鑑定してくださいます。 話していると自然と笑顔になる不思議な魅力に溢れた先生です。

プロフィールを見る≫

雪下氷姫先生

雪下氷姫先生

510円/60秒

利用不可

占術:霊感・霊視 透視 守護霊対話 生霊呼び出し 霊聴 送念 霊感タロット ファーストインスピレーションタロット・ライトヒーリング 姓名判断、九星気学 夢占い

鑑定中 3人が順番待ち中

フィールからのメッセージ:
鋭く明快、パワーに満ち溢れた雪下氷姫先生の鑑定は、心の奥深くまで見通し、あなたの運命を強く導いてくれます。霊視、霊感、インスピレーション・タロットを用いた独自のハイブリッド鑑定を、ぜひ体感してください。

プロフィールを見る≫