電話占い Feel|当たる電話占いと口コミで評判!初回4,000円分無料

サポート

お困りの際はお電話ください

0120-852-352

受付時間:am9:00〜am5:00 (年中無休)

倦怠期とは?なりやすい時期や期間、カップルや夫婦で乗り越える方法について解説!

倦怠期とは?なりやすい時期や期間、カップルや夫婦で乗り越える方法について解説!
2022.12.062023.01.18

「最近好きな人といてもときめかない…」

「好きだけど前よりは会いたいと思わなくなったな…」そのように思ってはいませんか?

それはもしかすると「倦怠期の前兆」かもしれません。

そこでこの記事では『行列のできる電話占いフィール編集部のM子』が倦怠期について詳しく解説します。

また、カップルや夫婦がそれぞれ倦怠期になりやすい時期や期間、乗り越える方法についても詳しく解説していきます。

もくじ

倦怠期とは?

倦怠期とは?

倦怠期とは相手といることに飽きてマンネリ化してしまう状態のことを指します。

カップルの場合の倦怠期は、新鮮さや刺激を感じにくくなるという症状からマンネリ化が始まります。

Twitterでは、カップルがマンネリ化している場合には、その人の好きなところをあげた時に、1番は出るけれど2番を出すのが難しい状態になっているという意見が見られました。

マンネリ化している(倦怠期)かもと不安な方は2番目に相手の好きなところはどこなのか思い浮かべてみましょう。

思い浮かばない場合にはマンネリ化している(倦怠期)可能性が高いです。

この記事では、倦怠期を乗り越える方法も解説しているので、倦怠期の疑いがあって不安な方は必読ですよ!

恋人同士だけでなく、夫婦にも倦怠期はあります。

長い間一緒にいると付き合った当初のどきどきがなくなり、お互いに気遣いが薄れることで興味や関心がなくなり、マンネリ化してしまうことがあります。

Twitterでは気遣いが薄れてしまうと、日常のちょっとしたことでケンカが増えたり、相手に関心がなくなってしまったという事例が見られました。

また、男性と女性で性欲のピークにずれがあることもマンネリ化の一つの要因とされています。

一般的に男性の性欲のピークは10代〜20代。

20代以降は性欲が徐々に減退していきます。 一方女性の性欲のピークは30代〜40代。

この性欲のピーク差がセックスレスを生み、マンネリ化の一つの要因となることがあります。

また、Twitterでは相手と長く過ごした場合の男女の認識の違いについてのツイートが見られました。

Twitterのケースの場合、気付いていないだけで性欲のピーク差が一因となっている場合もあります。

倦怠期になりやすい時期や期間はどのくらい?

倦怠期になりやすい時期や期間はどのくらい?

倦怠期には一般的になりやすい時期や期間があると言われています。

ここではカップルと夫婦の場合に分けて倦怠期になりやすい時期や期間について解説していきます。

カップルが倦怠期になりやすい時期

倦怠期になりやすい時期は付き合ってすぐと、付き合ってから3ヶ月・半年・1年・3年です。


カップルが倦怠期になりやすい時期:付き合ってすぐ


付き合ってすぐに倦怠期になってしまうカップルもいます。

付き合う前までは相手によくみられようといつも以上に気を遣ったり、おしゃれをしたりします。

しかし、付き合った安心感から気が緩み、若干の短所を相手に見せてしまうこともあります。

付き合ったばかりの頃はフィルターがかかっている状態なので相手のどんな姿も愛おしく思えます。

ただ、短所が見えてくると「あれ?」と違和感を感じ、その違和感が増えていくことで倦怠期に繋がります。


カップルが倦怠期になりやすい時期:3ヶ月


1番初めに倦怠期が訪れるのは3ヶ月目とよく言われます。

付き合って3ヶ月経つと、付き合う前のドキドキが落ち着き、相手のことを冷静に見れるようになります。

すると、相手の行動や言動をみて「あれ?なんか思ってた感じと違うな…」と付き合う前と若干の印象の違いなどが出てきます。

そういった印象の違いなどから不信感を抱き、徐々に相手への興味が失われて倦怠期になります。


カップルが倦怠期になりやすい時期:半年


付き合って半年経つと相手との関係に慣れて遠慮しなくなってきます。

半年も経てば最初見えなかった「相手の嫌な部分」も見えてくるようになり、良くも悪くも言いたいことをお互いに言える関係になります。

つまり、ちょうどケンカの増える時期が半年なのです。

ケンカをすればするほど相手を嫌いになってしまい、興味が失われることで倦怠期になりやすくなります。

また「ずっとこのままケンカするのかな…」と先のことを考えて不安を感じ、自己防衛本能から相手への興味を意識的に無くそうとする人も、倦怠期になりやすくなります。


カップルが倦怠期になりやすい時期:1年


付き合って1年経つとお互いのことがわかるようになり、ケンカも減ってきます。

しかし1年経つと関係性が落ち着くがゆえに、あらゆることに対する新鮮さがなくなりマンネリ化してしまいます。

また、1年というのは安心感から相手を楽しませよう・喜ばせようとする気持ちも手抜きし始める時期です。

変化のない関係においては、何も変わらない日常に「飽き」を感じる方が多いので同時に倦怠期にもなりやすいです。


カップルが倦怠期になりやすい時期:3年


付き合って3年は行く場所や、やることが全て定番化してしまい、倦怠期になりやすいです。

特に「好き」「ありがとう」などの感謝の言葉が少なくなる時期であり、「あれ?愛情が薄れてきた?」「好きじゃなくてただの情なのかな?」と自分の気持ちにも自信が持てなくなる時期でもあります。

結婚すると思っていた友達カップルが3年すぎて別れたなんて事ありませんか?

実際、Twitterでも結婚すると思っていた友達カップルが別れたというツイートが見られました。

Twitterでツイートされていたカップルが3年かどうかは定かではないです。

しかし、周りからもうそろそろ結婚すると思われるのは付き合って3年目が多く、同時に倦怠期にもなりやすい時期ですので運命の分かれ道と言えるでしょう。

夫婦が倦怠期になりやすい時期

夫婦が倦怠期になりやすい時期は結婚してから3ヶ月・半年・1年・3年です。


夫婦が倦怠期になりやすい時期:3ヶ月


夫婦でも最初にくる倦怠期は3ヶ月目と言われています。

結婚前に同棲していなかったり、同棲期間が短いまま結婚すると、始めはお互いの生活スタイルをあまり知りませんよね。

しかし、一緒に住んでから大体3ヶ月も経つとお互いのことが徐々にわかるようになってきます。

そしてお互いに、結婚したばかりの頃の新鮮さやドキドキが急に失われることで倦怠期になりやすいです。


夫婦が倦怠期になりやすい時期:半年


結婚して半年経つとある程度の相手の生活パターンがわかってきます。

結婚当初は気を遣っていても、ちょっとした相手の嫌な部分が見えてくるのが半年経った頃なのです。

お互いに言いたいことも言える時期なので不満が募り、ケンカも増えます。

また「ずっとこのままケンカするのかな…」と先のことを考えて不安を感じ、これからも続く結婚生活を継続させるために、相手への興味を意識的に無くそうとする人は倦怠期になりやすくなります。

結婚はお互いの親族や友人などにも公認されるものなので、当然多くの人が離婚を躊躇します。

そういった離婚へのハードルによって、結婚生活を継続させるためにはどうすれば良いのかを考えた結果、倦怠期になってしまうということもあります。

もし倦怠期に突入していて誰にも相談できない深いお悩みをお持ちの方は、電話占いがおすすめです。

電話占いフィールでは相談内容が外部に漏れることはありませんので、安心して利用することができますよ。

電話占いフィールは「怖いほど当たる」と話題の電話占いで、実力派の占い師が多数在籍しています。

今なら初回限定で4,000円分鑑定が無料になるので、気になる方はぜひお気軽にご相談ください!

\初回限定4,000円OFF!/

無料登録はこちら>>>


夫婦が倦怠期になりやすい時期:1年


結婚して1年経てば、相手の生活スタイルや考えていること、行動のパターンがある程度わかるようになってきます。

ケンカをすることも少なくなり落ち着いた関係になるでしょう。

しかし、この頃から結婚した時のようなドキドキやワクワクを感じることが難しくなります。

変化のない日常に飽きを感じ、マンネリ化し始めるのが1年なのです。


夫婦が倦怠期になりやすい時期:3年


結婚して3年も経つとお互いのことを熟知し、多少の問題があっても乗り越えられるでしょう。

ただ、3年経つと感謝の言葉や愛情を伝える機会も減ってきます。

恋人ではなく家族として「信頼できる安心な存在」になるので、ときめきを感じることは少なくなってきます。

「3年目の浮気」なんて言葉もあるように、他の人にときめきを感じて浮気しやすい時期でもあります。

男性は安心を求めるので落ち着いた関係に満足する場合が多いですが、女性は「家族」としてだけでなく、「1人の女性」としてもみられたいのでいつまでも愛されていたいと思うものです。

そういった気持ちのすれ違いから倦怠期になりやすいです。

お互いに嫌い合っているわけではないけれど、倦怠期になってしまったというお悩みを持っている方は電話占いがおすすめです。

周りに相談してもなかなか理解が得られない複雑なお悩みでも、多くの人から相談を受けてきたプロの占い師であれば良いアドバイスであなたを導いてくれますよ。

電話占いフィールは「怖いほど当たる」と話題の電話占いで、実力派の占い師が多数在籍しています。

今なら初回限定で4,000円分鑑定が無料になるので、気になる方はぜひお気軽にご相談ください!

倦怠期とはどんな感じ?カップルと夫婦に見られる倦怠期の特徴

倦怠期とはどんな感じ?カップルと夫婦に見られる倦怠期の特徴

「倦怠期をまだ迎えていないけれど不安」「もしかして倦怠期かもしれない」とお悩みの方は倦怠期の特徴に当てはまっていないかどうか確認してみましょう。

倦怠期の特徴を知ることで、事前に倦怠期を回避できたり、今倦怠期なのかどうかを知ることができますので、早速詳しくみてみましょう。

倦怠期の特徴
  • 会話が少なくなる
  • 見た目に気を遣わなくなる
  • ケンカすることが増える
  • 刺激を感じない
  • 連絡の頻度が減る
  • スキンシップが減る

倦怠期の特徴1:会話が少なくなる

会っていてもスマホをいじってばかりで会話が少ない、LINEの頻度が減ったなどは倦怠期によくある特徴です。

ある程度長い付き合いになれば、付き合った頃に比べて、「会話したい」「相手のことをもっとよく知りたい」という気持ちが減っていきます。

また、相手のことをある程度知るとわざわざ会話するのが面倒と感じることもあるようです。

最近、前に比べて明らかに会話が減ったな…」という場合は倦怠期かもしれません。

倦怠期の特徴2:見た目に気を遣わなくなる

見た目に気を使わなくなるのも倦怠期の特徴の一つ。

付き合ってある程度経つと「特別な存在」が「当たり前の存在」に変わります。

そういった安心感から最初の頃より相手に「よく思われたい」という気持ちが薄れ、見た目に気を遣わなくなる方が多いです。

男性は髪型や髭を整えない、女性はメイクやファッションの手を抜くなど見た目に気を遣わなくなるのは倦怠期の特徴です。

ケンカすることが増える

倦怠期になると相手にイライラすることが多くなり、ケンカが増えます。

最初は気にならなかったことが許せなくなったり、相手の言動に反論することが多くなるとどうしてもケンカが増えます。

相手の嫌なところばかりに目がいき、ケンカになってしまうのは倦怠期の特徴です。

倦怠期の特徴3:刺激を感じない

付き合い初めの頃は会えるだけでときめいたり、どこに行くのも新鮮で楽しかったはず。

しかし、付き合いが長くなるほどにときめきや新鮮さなどは薄れていきます。

デートをしてもときめきを感じなくなったり、新鮮さを感じなくなるのは倦怠期の特徴です。

倦怠期の特徴4:連絡の頻度が減る

ある程度の付き合いになると、生活リズムも把握していくので相手が何をしているのか大体わかるようになります。

それに伴い「今、何してるのかな?」と思うことも減っていきます。

そうすると連絡をとる頻度も次第に減っていき、連絡が来ても返事を返すのを後回しにしたりするようになります。

「今日暑かったね」「今日こういうことがあったんだよね」などの何気ない連絡が減り、必要な連絡しかしなくなるのは倦怠期のサインです。

倦怠期の特徴5:スキンシップが減る

相手に触れたい、イチャイチャしたいと思うことが減るのも倦怠期の特徴です。

付き合いたての頃は家の中でも外でも常に相手に触れたいと思うのが普通でしょう。

外でスキンシップをとっているカップルを見て「いいな」と思いながらも、「あんなふうにベタベタするのはちょっと抵抗があるな」と感じるようであれば倦怠期といっていいでしょう。

カップルが倦怠期になる原因8つ

カップルが倦怠期になる原因8つ

倦怠期になる原因はさまざまです。

ここではカップルが倦怠期になる原因8つについて解説していきます。

カップルが倦怠期になる原因
  • マンネリ化
  • 付き合いが長い
  • 相手に対する興味が薄くなる
  • 自分磨きをしていない
  • 仕事や学業が忙しいから
  • 将来への価値観が違うから
  • 同棲をしているから
  • 片方が依存している

カップルが倦怠期になる原因1:マンネリ化

倦怠期になる原因で1番多いのがマンネリ化です。

例えば、デート場所や食事場所がいつもと同じ場所になっていたりとデート内容がパターン化していませんか?

付き合いが長くなるとデート場所や食事場所が同じところになりがちで、デート内容がワンパターンになってしまいます。

デートのワンパターン化は「マンネリ化」を生みます。

マンネリ化は新鮮さがなく、お互いに楽しくないと感じやすいので倦怠期の原因となります。

カップルが倦怠期になる原因2:付き合いが長い

付き合いが長くなってくると相手のことを特別視しなくなってきます。

付き合った頃は、ただ会うだけの時間でさえ特別に感じます。

しかし、付き合いが長くなるにつれて特別感はなくなり、一緒にいることが当たり前になっていきます。

一緒にいることが当たり前になってくると特別感が失われ、相手にときめくことも少なくなり倦怠期に陥ります。

カップルが倦怠期になる原因3:相手に対する興味が薄くなる

付き合った頃は相手のことをあまり知らないので「何してるの?」「どこにいるの?」と興味が絶えません。

しかし、2人で過ごす時間が増えるにつれて段々と相手の行動や言動がわかるようになっていきます。

相手の行動や言動がわかるようになると、相手に対する興味はどうしても薄くなります。

「何をしているか気にならない」「話に興味がない」など相手に対する興味が薄くなっているのは倦怠期といえます。

カップルが倦怠期になる原因4:自分磨きをしていない

初デートの頃は髪型やメイク、服装に気合を入れていても何度もデートを重ねると気を使わなくなる…なんてことありますよね。

相手に「かっこいい」「かわいい」と思ってもらいたくて気を遣っていたはずなのに、いつの間にか部屋着でも気にしなくなったり、すっぴんであったりと手を抜いてしまいます。

だんだんと自分磨きをしなくなることで倦怠期になりやすくなります。

カップルが倦怠期になる原因5:仕事や学業が忙しいから

仕事や学業が忙しく、なかなか会えないことによってすれ違いが起きることも倦怠期の原因になります。

もともとたくさん会っていたのに仕事や学業が忙しく、恋人との時間を作れないとすれ違いが起きてきます。

忙しいことで相手のことを思いやる余裕もなくなり、ケンカも増えます。

どれだけお互いに忙しくても時間を作って会うことが大切です。

カップルが倦怠期になる原因6:将来への価値観が違うから

長く付き合っていると「結婚」などその先の将来を考えるようになります。

将来の価値観が相手と違うと「あれ?このまま付き合っていても大丈夫かな?」と不安に思い、倦怠期になりやすいです。

特に女性側に起こることが多く、男性があまり将来のことを考えていないというパターンが多いです。

カップルが倦怠期になる原因7 同棲をしているから

付き合った当初は「いつも一緒にいたい!」と思いますよね。

いざ同棲を始めると初めこそ楽しさで溢れていますが、だんだんと新鮮さがなくなっていきます。

また、一緒に住むことで相手の嫌な部分も見えてきます。

一緒にいることが当たり前になると日頃の感謝なども忘れがちです。

同棲は常に好きな人といられますが、お互いに我慢することも増えるので倦怠期になりやすいです。

カップルが倦怠期になる原因8 片方が依存している

片方が相手に依存していると、依存されている方は思いの重さの違いから負担を感じます。

「毎日会いたい」「毎日電話したい」など片方が一方的な要求ばかりしていると相手は「めんどくさいな」と感じるようになります。

そういった状態が続くと気持ちが冷めていき、倦怠期になります。

夫婦が倦怠期になる原因3つ

夫婦が倦怠期になる原因3つ

ここからは夫婦が倦怠期になる原因について解説していきます。

夫婦が倦怠期になる原因
  • 結婚したことによる安心感
  • お互いに男女としてみなくなる
  • 相手に期待をしなくなる

夫婦が倦怠期になる原因1:結婚したことによる安心感

結婚したということに満足してしまい、倦怠期になる夫婦は少なくありません。

一種の「燃え尽き症候群」のようなものです。

付き合い始めの頃は、振り向いてもらおうと必死なのですが、時間が経つにつれて「結婚できた!」という事実に満足し安心してしまうことで倦怠期になります。

夫婦が倦怠期になる原因2 お互いに男女としてみなくなる

結婚するとお互いを「恋人」ではなく「家族」としてみるようになるので男女としていちゃつくことも減っていきます。

「家族」として一緒にいることに安心感を感じたり、なんでも分かり合える仲になれるということはとても良いことですが、どうしても恋人同士の時のようなドキドキを感じなくなってしまいます。

2人の関係にドキドキするような刺激がなくなってしまうことで、倦怠期になります。

夫婦が倦怠期になる原因3 相手に期待をしなくなる

付き合っている頃は相手に嫌な部分があったり、変わってほしい部分があれば期待します。

しかし、結婚して夫婦になると相手に変わる意思がないと「ああ、この人は変わる気ないんだな」「どうせこういう人だから…」と諦めて期待しなくなります。

期待をしなくなると「どうせ言っても無駄だ」と悟るので、相手に不満をいうことは無くなりケンカすることは少なくなります。

ケンカは少なくなりますが、同時に期待をしなくなることで倦怠期になっていく原因にもなります。

カップルで倦怠期を乗り越える方法7つ

カップルで倦怠期を乗り越える方法7つ

ここまで倦怠期の時期や特徴について解説してきましたが、乗り越える方法はあるのか気になりますよね。

ここからは倦怠期を乗り越える方法について詳しく解説していきます。

カップルで倦怠期を乗り越える方法
  • 2人でいる時間を減らす
  • 旅行に行く
  • 初デートの場所にいく
  • 日頃の感謝を口に出して伝える
  • 共通の趣味を探す
  • 自分磨きをする
  • 時間を置く

カップルで倦怠期を乗り越える方法1:2人でいる時間を減らす

一緒にいることが当たり前になって倦怠期になってしまっている場合は、2人の時間を減らしましょう。

同棲している場合は、片方が実家に帰るのもいいでしょう。

離れている時間が長くなることで改めて相手の存在の大事さに気づけます。

ただ、離れている時間でも「1日に一回は連絡をとる」「1週間に一回は会う」などの最低限のルールを決めておきましょう。

離れている期間に何もルールを決めないと、かえって関係が悪化してしまう可能性もあるので注意が必要です。

また共通の友人と一緒に遊ぶことで、2人のみで過ごす時間を減らすという方法もあります。

友達が一緒にいてくれることで2人でいる時の関係性よりも、良い関係性になる場合がありますのでおすすめです。

カップルで倦怠期を乗り越える方法2:旅行に行く

デート場所や食事場所がいつもと同じでマンネリ化している場合は旅行に行ってみましょう。

旅行に行くというだけで行く前からワクワクしますよね。

長く付き合っているとどうしても行く場所や食事場所は同じところになりがちで、新鮮さを感じることが難しくなります。

そんな時は旅行へ行き「非日常」を体験することで、付き合った頃のような新鮮さやときめきを感じることができます。

旅行に誘うのが苦手な場合は「ここのホテルおしゃれじゃない?」「ここのご飯屋さん有名なんだって」と写真などを見せながら、相手が「じゃあ今度行ってみる?」と答えてくれそうなさりげない会話をしてみましょう。

なかなか旅行に行く時間がないという方は、ドレスコードがあるおしゃれなレストランに行ったりなど工夫して「非日常」を体験しましょう。

カップルで倦怠期を乗り越える方法3:初デートの場所にいく

倦怠期を乗り越えるためには初デートの場所に行くのもおすすめです。

付き合った頃は何をするにしても新鮮でドキドキしていたはず。

初めて手を繋いだ場所や楽しかった出来事、ドキドキしていた初々しい気持ちなどを思い出すことができます。

出会った頃の気持ちを思い出すことで相手の大切さを改めて感じることができるでしょう。

カップルで倦怠期を乗り越える方法4:日頃の感謝を口に出して伝える

付き合いたての頃に比べて「ありがとう」など感謝の言葉を言わなくなっていませんか?

倦怠期のカップルは相手への日頃の感謝を伝えることが少なくなっています。

日頃の感謝を口に出して伝えてみましょう。

例えば「洗濯してくれてありがとう」「ご飯作ってくれてありがとう」「運転してくれてありがとう」など日常の感謝からこまめに伝えましょう。

口に出すのが恥ずかしいという方は食事をご馳走したり、ちょっとしたプレゼントをするのもおすすめですよ。

カップルで倦怠期を乗り越える方法5:共通の趣味を探す

倦怠期を乗り越えるのには共通の趣味を探すのもおすすめです。

共通の趣味を持つと相手と一緒に楽しめる時間が増え、倦怠期の解消に繋がります。

2人で同じ映画を見たり、旅行に行くための貯金をしてみたりと簡単なことから始めてみるのもおすすめです。

なかなか共通の趣味が見つからないというときは相手の趣味を一緒にやってみましょう。

好きな人が趣味に打ち込んでいる姿は魅力的ですし、知らない一面が見えたりします。

「興味なかったけどやってみたら意外と楽しいかも」なんてこともよくありますよ。

カップルで倦怠期を乗り越える方法6:自分磨きをする

出会った頃に比べて自分磨きをしなくなった人は、自分磨きを頑張ってみましょう。

自分磨きをすることで相手が出会った頃のようなときめきを感じてくれる可能性が高いです。

内面を磨くことも大事ですが、変化のわかりやすい外見から磨いてみましょう。

いつもと系統の違う服を着てみたり、エステなどに行って美意識を高めるのもおすすめです。

自分磨きは自分に自信も持てるので、内面を磨くことにも繋がりますよ。

倦怠期を乗り越える方法7:時間が解決してくれるのを待つを置く

倦怠期を乗り越えるのには時間が解決してくれることもあります。

例えば、とても好きだった元恋人でも時間が経てば気にならなくなることがありますよね。

時間が経てばふとしたきっかけで相手への思いが再燃したり、理由はよくわからないけど気がついたらいつの間にかラブラブに戻ってたなんてこともあります。

「いろんなことを試しても倦怠期を乗り越えられない」という方は時間が経つのをじっと待つのも一つの倦怠期を乗り越える方法です。

もし、いつ倦怠期を乗り越えられるのか不安な方は、電話占いもおすすめです。

プロの占い師の力を借りることで、不安なモヤモヤした気持ちが軽くなりますよ。

電話占いフィールは「怖いほど当たる」と話題の電話占いで、実力派の占い師が多数在籍しています。

今なら初回限定で4,000円分鑑定が無料になるので、気になる方はぜひお気軽にご相談ください!

夫婦で倦怠期を乗り越える方法3つ

夫婦で倦怠期を乗り越える方法3つ

次は夫婦で倦怠期を乗り越える方法について解説していきます。

夫婦で倦怠期を乗り越える方法
  • 大きな目標を立てる
  • 2人で新しいことをしてみる
  • おしゃれをしてデートをする

夫婦で倦怠期を乗り越える方法1:大きな目標を立てる

夫婦も同じで「マイホームを建てる」「結婚○周年に海外旅行に行くために貯金をする」「子供をつくる」などの大きな目標を立ててみましょう。

目標に向かって会話する機会も増えることでコミュニケーションも取れますし、仲もより深まります。

同じ目標に向かって行動を一緒にするのでいつの間にか倦怠期も解消するでしょう。

夫婦で倦怠期を乗り越える方法2:2人で新しいことをしてみる

倦怠期を乗り越えるには2人で新しいことをしてみましょう。

夫婦で長く過ごしているとどうしても「慣れ」が出てきてしまいます。

「慣れ」は悪いことではありませんが、つまらなさを感じ倦怠期の原因にもなります。

例えば2人で行ったことのない近所を散歩してみたら、新しいパン屋さんができてて「今度行ってみよう」など新しい発見があるかもしれません。

2人で新しいことをすると出会った頃の新鮮さやワクワクを感じることができますよ。

夫婦で倦怠期を乗り越える方法3:おしゃれをしてデートをする

夫婦になると、デートらしいデートをすることは少なくなります。

おしゃれをして初デートの場所に行ってみたり、付き合っていた頃によく行っていたお店などに行くと、当時のドキドキを思い出したりと恋人時代に戻った気分になれます。

たまにはしっかりおしゃれをしてデートをしてみましょう。

お互いに実家から待ち合わせしてデートするなんてのもおすすめですよ。

倦怠期になったときの注意点

倦怠期になったときの注意点

ここからは、倦怠期になった際の注意点について解説していきます。

注意点
  • 連絡を無視する
  • なんでも相手のせいにする
  • 話し合わない
  • 他の異性と遊ぶ

倦怠期の注意点1:連絡を無視する

倦怠期中に連絡を無視するのは避けましょう。

連絡を取るのがめんどくさいと感じる気持ちはわかりますが、連絡を取らないと倦怠期はますます長引いてしまいます。

「おはよう」「おやすみ」「今日は○○へ出かける」など倦怠期中でも最低限の連絡は取るようにしましょう。

倦怠期の注意点2:なんでも相手のせいにする

倦怠期は基本的にどちらか一方が悪いということは、ほとんどありません。

相手のせいばかりにしていると「なんで自分ばかり言われなきゃいけないんだ」と不満に思われ関係が悪化してしまい、最悪別れてしまうこともあります。

もしかしたらあなたにも悪い部分があるかもしれません。

倦怠期を乗り越えるには自分の行動を見つめ直し、お互いが相手に歩み寄ることが大切です。

しかし、なかなか冷静に自分や相手のことを見るのは難しいですよね。

そんな時は一度プロの占い師に相談するのがおすすめです。

プロの占い師であれば占いと数多くの相談経験により、あなたを正しい道へ導いてくれます。

電話占いフィールは「怖いほど当たる」と話題の電話占いで、実力派の占い師が多数在籍しています。

今なら初回限定で4,000円分鑑定が無料になるので、気になる方はぜひお気軽にご相談ください!

倦怠期の注意点3:話し合わない

話し合いを避けていると、いつまでも倦怠期を乗り越えることができません。

倦怠期を脱するためには、話し合いの場を設けることが必須といえます。

「倦怠期中は相手と話す気分になれない…」という気持ちも分かりますが、2人にとって何がベストなのか、どうしたらいいかをしっかりと話し合うようにしましょう。

もし冷静な話し合いをするのが難しいという場合には、直接話すのではなく、LINEなどのチャットツールで自分の気持ちを整理しながら会話するのもおすすめですよ!

倦怠期の注意点4:他の異性と遊ぶ

倦怠期中に他の異性と遊ぶのはやめましょう。

倦怠期中はお互いに相手へのときめきが薄れ、異性が普段よりも魅力的に見えがちです。

だからといって刺激を求めてしまい異性と遊ぶのはよくありません。

もしも、異性と遊んでいるのを恋人が知ったら別れの原因になりかねません。

「自分のことが好きじゃなくなったのかな?」「もしかして浮気」などと誤解を与えてしまいます。

そのような誤解はますます倦怠期を長引かせたりもします。

いくら倦怠期中とはいえ、相手を思った行動をしましょう。

自分は倦怠期中に他の異性とは遊んでいないけれど、相手は遊んでいるかもしれないと不安な方は電話占いがおすすめです。

なかなか答えが得られない時に占いをすることで、お悩みが楽になりますよ。

電話占いフィールは「怖いほど当たる」と話題の電話占いで、実力派の占い師が多数在籍しています。

今なら初回限定で4,000円分鑑定が無料になるので、気になる方はぜひお気軽にご相談ください!

倦怠期にならないカップルの特徴5つ

倦怠期にならないカップルの特徴5つs

あなたの周りにも倦怠期にならないカップルがいるのではないでしょうか。

倦怠期にならないカップルの特徴を知れば、長く良い関係性を保つことができますよ。

倦怠期にならないカップルの特徴
  • 相手に干渉しすぎない
  • お互いを尊重している
  • 共通の趣味がある
  • 自分磨きをする
  • 将来のことを話し合う

特徴1:相手に干渉しすぎない

倦怠期にならないカップルの特徴として相手に干渉しすぎないことが挙げられます。

カップルになると相手がどこにいて、何をしているのか気になってしまいますよね。

倦怠期にならないカップルはお互いに干渉しないので、相手がどこで何をしていても気になりません。

「知らぬが仏」とも言いますが、知りすぎないぐらいの方が良い関係でいられるでしょう。

相手が何をしているのか気になりすぎるという方は、現状相手に使う時間が多すぎる可能性が高いです。

自分の趣味や友人と遊ぶ時間を増やして、バランスよく相手に時間を使えるようにするのがおすすめです。

特徴2:お互いを尊重している

倦怠期にならないカップルはお互いのことを尊重しています。

お互いのことを尊重していると相手のことを思いやることができます。

倦怠期にならないカップルは相手の仕事が忙しく、なかなか会う時間が作れない時でも「なんで会えないの?仕事の方が大事なの?」などと責めることは少ないです。

相手に対して「仕事大変だね、頑張ってね」と思いやることができます。

責めてばかりいては相手も自分も辛くなりますし、ケンカを招くこともあるので倦怠期の原因にもなります。

相手を尊重し合える関係が大切です。

特徴3:共通の趣味がある

共通の趣味があるカップルは倦怠期になりにくいです。

共通の趣味は、同じ目標に向かって2人で作業するので良いスキンシップになります。

また、趣味であればお互いに好きなことで楽しめるので2人にとって良い時間が過ごせるでしょう。

恋人との共通の趣味がないカップルは、運動や映画など簡単なことで良いので探してみましょう。

特徴4:自分磨きをする

常に自分磨きをしているカップルは倦怠期になりにくいです。

定期的に髪型やメイクを変えたり、だらしない姿を見せないなど見た目に関することはもちろん、出会った頃より優しくなったりと内面磨きもしています。

出会った頃に比べて気を抜いているなと思う節があれば自分磨きをしましょう。

自分磨きをしていると、「慣れ」や「飽き」がなく、常に相手に対してときめきや新鮮な気持ちを感じることができるので倦怠期になりにくいです。

特徴5:将来のことを話し合う

倦怠期にならないカップルは将来どうするかについて常に話し合っています。

長く付き合っていると「この先どうなるのかな」と将来に対して不安になりますよね。

将来のことを話し合うカップルは「何年後には結婚できたらいいね」「一年後ぐらいには同棲したいな」など将来のゴールを2人で話し合うことで、これから2人がどうなっていくのか想像しやすいので倦怠期になりにくくなります。

倦怠期の男性の心理3つ

倦怠期の男性の心理3つ

倦怠期の時の男性の心理についても詳しく解説していきます。

男性の心理
  • 共通の趣味が欲しい
  • 新鮮さが欲しい
  • 距離を置きたい

男性の心理1:共通の趣味が欲しい

男性の趣味は女性にはなかなか理解されにくいもの。

彼氏の趣味を理解しないどころか否定してしまったりしていませんか?

男性にとって好きな趣味を否定されるのはとても悲しいことです。

男性は自分の好きなことを好きな人にも共有したいと思うものです。

彼氏が趣味の話などをしてきたら、しっかりと聞くようにしましょう。

しっかりと聞くことで、男性は安心感や居心地の良さを感じるようになります。

男性の心理2:新鮮さが欲しい

男性は2人で多くの時間を過ごすことで、彼女に対する新鮮さを感じなくなっていきます。

付き合いが長くなるにつれて、彼女が見た目に気を遣わなくなったり、言いたいことをいうようになるのも一つの要因です。

男性は、女性には常に見た目や言動に気を使って欲しいという心理があります。

例え男性が直接的に口に出さないとしても、見た目や言動に気を使って欲しいと思っている可能性が高いです。

すぐに気を使うことが難しいという場合には、自分がよくない発言をしてしまった時に「そういうつもりで言ったんじゃないけど、気分悪くしたらごめんね」などフォローを入れるようにしてみましょう。

男性の心理3:距離を置きたい

男性は一緒にいることが多くなると「本当に自分は彼女のことが好きなのか?」と自分の気持ちがわからなくなることがあります。

そんな時に距離を置くことで自分の気持ちを確かめようとします。

その距離を置く行動から彼女にもそっけなくしてしまい、倦怠期になりやすくなります。

倦怠期の女性の心理3つ

倦怠期の女性の心理3つ

倦怠期の時の女性の心理についても詳しく解説していきます。

女性の心理
  • 寂しい
  • 彼氏との将来が見えない
  • 1人の時間が欲しい

女性の心理1:寂しい

男性は好きな人と付き合うことができると、付き合う前に比べて気合を入れなくなります。

服装に気を遣わなくなったり、デートの計画を立てなかったりと手を抜きがちです。

そんな男性に対して女性は「寂しさ」を感じます。

「私って大事にされてないのかな」「もう飽きちゃったのかな」という寂しさから倦怠期に陥ります。

ですが、男性が気合いを入れなくなるのは、相手に対する安心感や信頼感からという場合が多いです。

髪型をセットしていたり、服装がおしゃれな時には男性を褒めるようにしましょう。

男性は褒められることで、嬉しくなり相手が求めていることなのだと自覚するようになります。

手を抜いていることに男性自身が気付いていないケースがあるので、是非実践してみてください。

女性の心理2:彼氏との将来が見えない

女性は彼氏との将来が見えないと不安になります。

女性は年齢が上がるにつれて相手の男性との結婚を考えるようになる場合が多いです。

彼氏に結婚の意思がないとなると、これまでの時間を無駄にしてしまったように感じてしまい、倦怠期になってしまいます。

女性の心理3:1人の時間が欲しい

女性は彼氏と一緒にいることに疲れてしまい、1人の時間が欲しいと思うようになります。

彼氏のことが嫌いになったとかではなく。仕事や趣味など自分のために時間を使いたいのです。

自分に時間を使うことで彼氏へ割く時間が減ってしまい、十分なコミュニケーションが取れず倦怠期になってしまうことがあります。

倦怠期とはどんな感じ?よくある質問

倦怠期に関するよくある質問をまとめました。

彼氏だけが倦怠期になったらどうしたらいい?

彼氏が倦怠期になる原因ははっきりしていることが多いです。

まずは何が倦怠期の原因かを把握し、改善しましょう。

もしも原因がわからない場合は彼氏に直接聞いてみるのもいいでしょう。

どうしても聞きにくい・・・聞いて嫌われてしまうのが怖い方には電話占いがおすすめです。

電話占いフィールは「怖いほど当たる」と話題の電話占いで、実力派の占い師が多数在籍しています。

今なら初回限定で4,000円分鑑定が無料になるので、気になる方はぜひお気軽にご相談ください!

彼女だけが倦怠期になったらどうしたらいい?

倦怠期になるには必ず理由があります。

ただ、女性は男性に比べて倦怠期になる原因がはっきりしないことも多いです。

話し合いに応じてくれないこともよくあります。

原因が知りたいけれどわからないとお悩みの方は電話占いがおすすめです。

電話占いフィールは「怖いほど当たる」と話題の電話占いで、実力派の占い師が多数在籍しています。

今なら初回限定で4,000円分鑑定が無料になるので、気になる方はぜひお気軽にご相談ください!

子どもが生まれても倦怠期はある?

子どもが生まれても倦怠期はあります。

子どもが生まれると女性は「母」として子どもにつきっきりになります。

女性は子どもにつきっきりになるので、夫に割く時間がどうしても少なくなってしまいます。

奥さんが自分に構ってくれないと男性側は寂しさを感じ、段々と倦怠期になることが多いです。

たまには子どもを預けたり、子どもが寝た後など夫婦2人だけの時間を作るようにしましょう。

倦怠期とはどんな感じ?まとめ

これまで倦怠期とはどんなものか、カップルや夫婦で乗り越えるための方法や原因について解説してきました。

「倦怠期」はどんなカップルや夫婦にも起こるもので、悪いことではありません。

大事なのは倦怠期にならないようにすること、倦怠期になっても乗り越えることです。

しかし、倦怠期になる原因はカップルや夫婦によって様々です。

「あれ?これって倦怠期?」「倦怠期にならないようにどうすればいいかわからない」そう困った場合には、電話占いでプロの占い師に相談してみましょう。

今なら初回限定で4,000円分鑑定が無料になるので、気になる方はぜひお気軽にご相談ください!

相手が本当に自分のことが好きなのかわからない・相手の本心が知りたいと思いませんか。

電話占いフィールは「怖いほど当たる」と話題の電話占いで、実力派の占い師が多数在籍しています。

実際の口コミ3つをご紹介します。

口コミ
N・Oさん30代

別れた彼と復縁出来るのか、ずっと気になっていたので思い切って相談しました。
彼との今の関係や、別れたきっかけまで驚くほどスラスラと読み解いて下さり、まだ伝えていない些細な悩みまで言い当てられて怖いくらいでした…
的確なアドバイスも有難うございました!来月になったら私から連絡してみようと思います。

M・Mさん30代

やっとR先生の鑑定を受けることができました。
短い時間なのに情報量が多く、とても濃い鑑定をしてくださいました。話し方も穏やかで、緊張することなく話すことができました。人気なのも頷けます。
R先生のアドバイスを胸に、明るい未来のために頑張っていきます。
また道に迷ったときは先生のお力添えをお願いいたしますね。

S・Aさん20代

最初から最後まで、温かなエネルギーに包まれているような感覚でした。これが「レイキ」の力なんですね。
そして霊感タロットでは、私のことだけではなく、彼の性格や特徴まで全て言い当てられて、鳥肌が立ちました…!
親身にアドバイスをくれたことも、本当に嬉しかったです。
明華先生に相談して良かった!

初回限定で4000円分鑑定が無料になるので、ぜひお気軽に相談してください!

初回最大5,000円分無料

電話占いフィールのおすすめ占い師一覧

すわこ先生

すわこ先生

350円/60秒

利用不可

占術:霊感タロット 霊感霊視 夢占い

鑑定中 1人が順番待ち中

フィールからのメッセージ:
独自の鑑定で、ご縁が近づく「引き寄せ日」を読み解き、優しく伝えてくださるすわこ先生。電話占いでも長くご活躍されているので、お話に慣れていない方でも安心して相談できるでしょう。

プロフィールを見る≫

天王寺令先生

天王寺令先生

300円/60秒

利用不可

占術:未来透視/ 霊感霊視/ 霊感タロット/ 仏教曼荼羅タロット/ 敬愛法/ 思念伝達/ 守護霊交信 九星気学/ 四柱推命/ 風水/ 奇門遁甲/ 算命学/ 星辰陰陽占星術/ 密教占星術/ 宿命星辰占星術 西洋占星術/ チャネリング/ オーラリーディング/ 波動修正

フィールからのメッセージ:
類まれな霊能力を用いる占術で、相談者の過去・現在・未来を見抜き、より良い人生へと導いてくれます。 どんなお悩みも優しい言葉で受け止め、いかなる相談にも光をもたらす天王寺令先生独自の鑑定を、電話占いで体験してみてください。

プロフィールを見る≫

レディエマ先生

レディエマ先生先生

360円/60秒

利用不可

占術:タロット 霊聴 ルノルマンカード レイキヒーリング

フィールからのメッセージ:
レディエマ先生のタロット鑑定は、端的かつ迅速。電話占いでの相談と非常に相性が良いため、常に行列の絶えない人気の占い師です。聞けば聞くほど明確になる未来のビジョンは、あなたの幸せを着実に形にしていってくれるでしょう。

プロフィールを見る≫

R先生

R先生

370円/60秒

利用不可

占術:霊感 霊視 霊聴 霊感タロット 水晶透視 ダウジング 易 九星気学 マヤ暦 数秘術 算命学 四柱推命 姓名判断 遠隔ヒーリング 波動修正

フィールからのメッセージ:
霊感・霊視を得意とされているR先生。電話占いが始まった瞬間から霊視を行い、視えたことをそのまま伝えてくれます。さらに、その強い霊力は、遠隔での思念伝達やヒーリングも可能。どんな相談にも向き合い、確実に幸せへと導いてくれます。

プロフィールを見る≫